「上場ゴール」裏切りの元凶

実態隠した上場で、株価はすぐに暴落。ベンチャー村のVCと証券会社、監査法人はグルだ。

2015年5月号 BUSINESS [アベノミクス「バブル相場」]

  • はてなブックマークに追加

株式市場で「上場ゴール」への非難が高まっている。上場ゴールとは、株式公開する創業者やベンチャーキャピタル(VC)などが、業績を事前に“お化粧”して初値を高くつり上げ、まんまと「創業者利益」を手中にすることだが、往々にして上場後は株価が急落、高値づかみの投資家は地獄を見る。明らかに市場への裏切り行為である。今その言葉とセットで語られるのが、スモール「g」とビッグ「G」の2社だ。「g」とはスマートフォンゲーム会社gumi(グミ)を指す。昨年12月18日に東京証券取引所一部へ直接上場した注目銘柄だったが、僅か2カ月半で業績予想を黒字から赤字へ修正し波紋を呼んだ。対する「G」は、スマホニュースアプリのGunosy(グノシー)だ。4月28日に東証マザーズへ上場する予定で、ベンチャー業界の中ではグミに続く大型上場と見込まれている。「g」と「G」が象徴するのは、急速に膨らんだベ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。