新生銀行「DKB47」無策の泥沼

旧長銀再生から15年。いまだに公的資金返済のメドが立たず、社長交代にも金融庁は憂色。

2015年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新生銀行内部には「AKB48」をもじった「DKB47」なる隠語がある。3月25日に退任を表明した当麻茂樹社長と、彼が一本釣りしてきた役員たちの一派に対する当てこすりだ。当麻は昭和47年に旧第一勧業銀行(DKB)に入行し、みずほグループ3行統合を経ていすゞ自動車に転出。2010年にヘッドハンティングで新生銀社長に就任し、銀行経営の第一線に復帰した。それからというもの次々に古巣から「お気に入り」をスカウトし、要職に据えてきた。25人いる執行役員のうち実に当麻を含む9人がDKB出身者で占められている。法人部門のヘッドである佐藤仁美に至っては、当麻と昭和47年入行の同期であり、「DKB47による“お友達経営”」と揶揄された。一方で、新生銀の母体たる旧日本長期信用銀行プロパーは遠ざけられ、将来の社長候補と目された逸材が傍流に追いやられる人事もあり、社内の意気はいっこうに上がらないまま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。