「免震ゴム偽装」頬かむり国交省

「第二の姉歯」を恐れ、東洋ゴムに“安全宣言”。元局長ら住宅マフィアの利権を守るお手盛り。

2015年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

年度末に合わせた事実上の幕引きか――。東洋ゴム工業(大阪市)による免震ゴムのデータ改竄(かいざん)問題の波紋が収まらない中、国土交通省が3月末に出した“安全宣言”に批判が集まっている。監督責任で火の粉が降りかかるのを恐れたのか、国交省は顔なじみの専門家を集めた有識者委員会を立ち上げ、再発防止策の提言作成を丸投げして逃げ切りを図ろうとするが、その行方は見通せない。「一定の安全宣言に当たる」。3月31日午前、国交省内で開かれた東洋ゴム問題に関する記者団への説明会。同省幹部が発した思わぬ一言に、居合わせた記者たちは一瞬耳を疑ったという。説明の概要は、前日に東洋ゴムが同省に提出した「震度7程度でも(同社製品を使った建物は)倒壊の恐れなし」との報告書に関し、国交省も第三者機関の評価をもとに追認した──との内容。そこに付け足された「安全宣言」は建築基準法上の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。