「医療事故患者」法廷で憤死

悲劇は裁判官の退廷直後に起こった。神奈川県立循環器呼吸器病センターと執刀医師らは責任逃れに汲々。

2015年5月号 DEEP [患者の無念はいかばかり!]

  • はてなブックマークに追加

「あのようなことになり、お悔やみ申し上げます」――3月18日、東京地方裁判所610号法廷で行われた医療事故訴訟で、裁判長は異例のお悔やみを述べた。3カ月前の昨年12月10日、同じ法廷で原告の森本一郎氏(仮名)が急死したためだ。法廷での裁判当事者の死亡は前代未聞だ。森本氏には肥大型心筋症(拡張相)の持病があり、2010年8月、神奈川県立循環器呼吸器病センターでCRT―D(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)を左胸部に埋め込む手術を受けた。ところが手術後に傷口から出血が続いた上、傷口が開き体内のCRT―Dが露出してしまった(写真上)。このため同年9月、同センターは緊急手術を実施、左胸部からCRT―Dを取り出すとともに、細菌感染による壊死層の摘出と排膿、洗浄を行った(写真下)。森本氏は、後述するように、この二つの手術を巡るセンター側の対応に不信感を募らせた。そして3年後の1 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。