情けない武田薬品「ギリギリ新薬」の危うさ

2015年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

武田薬品が首をかしげざるを得ない新薬を出した。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療薬タケキャブ。胃酸分泌を抑制することによって効果を発揮するのだが、この手の薬は、すでに他にもあって、そこそこ、よい治療成績を上げている。医師、患者の治療満足度も高く、とくに困っていない。しかも臨床試験の結果、治療効果は既存薬と同等でしかないというのだから、新薬として出す意義がどれほどあるのか。胃酸分泌を抑制する薬は、抑制の強さと速さが決め手とされ、かつてはガスターでお馴染みのH2ブロッカー、次にプロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれる作用の薬が主流になった。PPIの国内市場規模は2千億円超。つい数年前まで武田のタケプロン、エーザイのパリエットがともに500億円超え、双璧を成した。しかし、特許切れとともに、両製品の売り上げは減少、後から出てきたが、作用の持続性が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。