追悼・片山豊 「フェアレディZ」の生みの親

人間の本能をくすぐる車を造れ!

2015年4月号 BUSINESS [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

我が国の自動車産業を黎明期から支え、「フェアレディZ」の生みの親である初代米国日産社長の片山豊が2月19日、天寿を全うした。享年105歳。東京・自由が丘に事務所を構え、100歳を超えても杖をつきながら、気さくに取材に応じてくれた。最後にお目にかかったのは5年前、トヨタの「プリウス」が品質問題で矢面に立たされた時だった。「あれは人間の操作能力を超えた電子制御の問題。人が車に操られる時代になった。もう少し車の構造をシンプルにしないと、同じような問題が起きる」と、実に明快だった。その生涯は波瀾万丈だったが、信念を貫き通した。慶応義塾大学を卒業して1935(昭和10)年に日産自動車に入社。鮎川義介が日産を創業したのは、その2年前。自動車に未来を感じて飛び込んだ。大学時代に生糸の輸出船に助手として乗り込み、豊かな米国の車社会を目の当たりにしていたのである。戦前は、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。