魔窟「真珠宮」手を出せば鎌首

新宿一等地の「ワケあり」更地。大手量販店が買おうとしたが、やっぱり出てきた怖い本尊。

2015年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「ワケあり不動産」にウの目タカの目の暴力団系不動産業者、事件屋、詐欺師、ブローカー、地面師、高利金融業者などが今年2月初旬、「あの真珠宮ビル跡地がついに売却されたらしい」とどよめいた。新宿駅南口から徒歩3分、JR東日本本社と背中合わせ、大通りに面した形状のいい更地とはいえ、わずか150坪しかなく、30億円未満と見積もられる土地が注目を集めるのは、履歴を見れば一目瞭然だ。「真珠宮」と書いてシンジュクと読む。もとはその名のビルを資産家一族が所有していたのだが、05年2月、「赤富士」という不動産会社が、相続争いで揉め、複雑になった権利関係を調整のうえで取得した。同社が山口組系後藤組(当時)の関係会社であることから、数多くの経済事件の舞台となった。

大手量販SPCが購入

06年3月、真珠宮ビルの管理人が刺殺された。その2カ月後、ビル登記を巡る電磁的公正証書原本不実記載容疑で、赤富 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。