夢の肝炎特効薬は1千万円超!

米国から8万4千ドルのC型肝炎完治薬が上陸。厚労省はいかほどの薬価をつけるのか。

2015年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

C型肝炎ウイルス(HCV)をほぼ100%駆除する特効薬、完治薬と称すべき画期的な治療薬が日本にも近く登場する。米ギリアド・サイエンシズの日本法人が申請していたソバルディ(一般名・ソホスブビル)だ。厚生労働省が、HCVのジェノタイプ2型を対象に抗ウイルス剤のコペガス(同・リバビリン)との併用で3月中に承認することが確実になった。5月には薬価収載、発売される見通しだが、重い課題はいかほどの薬価をつけるかだ。2013年12月に承認、発売された米国での価格は1錠1千ドル(約12万円)、1治療に要する薬剤費が1人8万4千ドル(約1千万円)と高価だが、治療効果が高いため処方も拡大、14年のソバルディ売上高はなんと103億ドルを記録した。発売初年度で100億ドルを超えた薬剤は世界で初めて。薬価次第で医療財政に与える打撃は甚大なだけに財務省、そして厚生労働省の対応に注目が集まる。

さらば「インターフェロン」

HCV感 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。