「物言う株主」が喰らいつく株

一目瞭然、低ROE・キャッシュリッチで投資しない企業が狙われる。防衛策が自社株買いに走るだけとは。

2015年4月号 BUSINESS [アクティビスト第四の波]

  • はてなブックマークに追加

今年2月、米投資ファンドのサード・ポイントはファナック株を取得したことを明らかにし、同社が抱える1兆円もの手元資金を自社株買いに振り向けるよう訴えかけた。会社側は間髪を入れずに1300億円の工場・研究所新設計画を発表。自社株買いではなく、本業投資によって株主に報いる姿勢を打ち出した。サード・ポイントを率いるダニエル・ローブは、しかし設備投資拡大だけでは不十分だとして、依然として自社株買い要求を突きつけている。2月上旬に2万円前後を推移していたファナックの株価は、サード・ポイントの株式取得、大型設備投資によって急騰。2月23日には一時2万3320円を付け、上場来高値を更新した。ローブは自社株買いと配当引き上げにより3万5千円になる可能性があると指摘しており、ファナックがこれに応じるかどうかが注視されている。サード・ポイントは、かつてソニー株を取得し(昨年10 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。