「ホンダ社長退任」真相は伊東院政

ブランド価値を台無しにした張本人がイエスマンを後継指名。引責のはずが我が世の春。

2015年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

品質問題でガタガタになったホンダで、トップ人事が発表された。6月の株主総会後に退く伊東孝紳社長の在職期間は、前任の福井威夫と同じ6年間で、交代時期としては不自然ではない。ただ、主力車「フィット」のリコールや国内販売目標の下方修正を繰り返した末の降板となり、引責であることは明白だ。一連の品質問題ではOBからも苦言が寄せられていたが、伊東本人は意に介する様子はなく、自動車レースのフォーミュラ1(F1)への復帰や小型ビジネスジェット機の引き渡し開始、燃料電池車(FCV)の発売を花道に、2017年3月期に退任するシナリオを描いていた節がある。OBも首に鈴を付けられないワンマン社長と化した伊東はなぜ、突如辞めたのか。「販売不振とエアバッグ危機の渦中にあるホンダがCEOを交代させる」(ワシントンポスト)、「ホンダは伊東氏の辞任が同社が抱える最近の苦悩(欠陥エアバッグの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。