「一党独裁体質」に染まったAIIBを欧州諸国が箔付け

2015年4月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)が年内に発足する。関係者によると、世界銀行や国際通貨基金(IMF)のように、加盟国が理事を派遣する制度は設けられないようだ。業務執行と投資判断は中国が牛耳る可能性が高く、中国マネーを警戒する日米の財務当局は「一党独裁体質に染まった組織になる」と批判してきた。ところが、ここに来て英国などの欧州諸国がAIIBへの参加を検討していることがわかり、日米関係者の心中は穏やかでない。AIIB創設の狙いはアジア太平洋地域のインフラ整備支援。資本金1千億ドルの大半を中国が出し、初代総裁に中国の金立群・元財政次官が就く見通しだ。27の加盟予定国にはニュージーランドやサウジアラビアなどの「高所得国」の名前もあるが、そのほとんどが支援を受ける東南アジア諸国だ。日米が主導してきたアジア開発銀行(ADB)は縄張りを荒らされるだけに、両 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。