海底の戦艦武蔵が問う「戦後70年」

2015年4月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

無残なるかな。難破船を描いた名画は数多いが、フィリピン沖シブヤン海に眠る戦艦「武蔵」の映像には、心穏やかでいられない。マイクロソフト共同創業者の富豪が私財を投じた8年余りの探索の結果、3月1日、水深1千メートルの海底で無人の潜水艇が発見した。艦首の菊の紋章跡、15トンの碇とともに、89式高角砲や主砲の砲塔が映っていた。自身も俘虜になった大岡昇平『レイテ戦記』を思いだす。第9章「海戦」には、聯合艦隊が一艦隊を囮にしたレイテ湾突入作戦の失敗と、魚雷20本と爆弾17発を受けて沈む「不沈艦」武蔵の最期が書かれていた。一読、憤ろしくなる。敵編隊の空襲に自慢の主砲も三式弾(焼夷弾)で応戦したが、爆風が強すぎて甲板上の高角砲射手たちを吹き飛ばし、「空から降ってくる人間の四肢、壁に張りついた肉片、階段から滝のように流れ落ちる血」の事態となった。時代錯誤の大艦巨砲の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。