反ユーロ「ルペノミクス」台頭

EU大国のフランスで経済不振と反緊縮に乗じ、極右ルペンが「第二のチプラス」となるか。

2015年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

欧州は今回もドラギ・マジックに再び救われたというべきなのだろうか。3月9日から予定通り域内各国の国債買い入れを始める、というマリオ・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言に、欧州各国の株式、債券相場は噴き上げた。ギリシャ破綻をひとまず先送りしている間に、ECBがたっぷり供給してくれるマネーで「踊らにゃ損損」と言わんばかりの光景である。ドラギ総裁のお膝元のイタリア経済は大丈夫なのか。そう言いたくなるが、経済不振と政治不安ならもっと心配な国がある。フランソワ・オランド大統領のもとで、何から何までうまく行かないフランスである。もちろん内外の市場参加者は、不都合な真実から目を背けたがる。ECBの見通しでは、2015年のユーロ圏の実質国内総生産(GDP)の増加率(実質成長率)は1.5%、16年は1.9%と、昨年12月時点の予想(15年1.0%、16年1.5%)から上方修正。これに伴い ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。