「スマホゲーム」一発屋バブル

スマホシフトに躓いたソニーも任天堂もグリーもモバゲーも目じゃない荒稼ぎの秘密。

2015年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「一発大逆転」とはこのことだろう。たった1タイトルのスマートフォン(スマホ)ゲームが瀕死のネット企業を蘇らせた。2006年、東証マザーズに鳴り物入りで上場した日本発SNS(交流サイト)「ミクシィ」。公募価格155万円に対し295万円の初値をつける人気沸騰の船出だったが、スマホへのシフトが不調で、LINE台頭もありユーザーの利用率が低下。新規事業も鳴かず飛ばずで、14年3月期の決算は営業損益で16億円の赤字に転落した。ところが、13年9月に発売したスマホゲーム「モンスターストライク」(モンスト)が大ヒット。昨年第2四半期に、営業利益96億円と驚異的とも言える増収増益のV字回復を遂げた。ヒット作が1タイトル出るだけで、上場企業を蘇らせるスマホゲームは、今まさにバブルの真っ盛り。本体は無料でダウンロードできるが、後からアイテムや追加ステージをアプリ内で販売し課金する「フリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。