ロシア「核戦争威嚇」に欧米緊張

ウクライナは「欧州の尖閣」か。英国周辺を核搭載機が周回し、「新冷戦」へNATOを挑発。

2015年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

2月15日、停戦が発効したものの、なお一触即発のウクライナをめぐり西欧とロシアは「新冷戦」に突入しつつある。デビッド・キャメロン英首相は2月末、ウクライナに歩兵部隊の訓練指導官や情報分析のプロら専門家75人を派遣すると発表した。この「訓練使節団」はキエフを拠点にウクライナ軍の訓練にあたる。この派遣は、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領の支援要請に応えるのみならず、ロシアがこれ以上大々的にウクライナの町を併合することを英国は許さないというシグナルでもある、と英首相は述べた。英国の国家安全保障会議ではさらに、東部ドネツク州の鉄鋼都市で大規模な港湾施設を抱える政府側の戦略拠点マリウポリに触れてこう釘を刺した。「(攻撃を加えている親ロシア分離主義勢力が)さらに戦闘を激化させたなら、我々ももう一歩行動を進めるべきだという声が圧倒的になるだろう。ポー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。