「榊原ビジョン」に陶酔する経団連

新旧産業の付加価値を210兆円も拡大する大風呂敷。バラ色の夢より賃上げが先ではないか。

2015年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相との蜜月関係が自慢の榊原定征経団連会長(東レ会長)が新年早々、日本経済再生に向けた「榊原ビジョン」を発表した。3年目に入ったアベノミクスを後押しする狙いだが、焦点は、成長戦略の牽引役となるべき民間企業の活性化である。「ビジョンは大風呂敷」と揶揄されないよう、榊原会長の舵取りが問われている。ビジョンのタイトルは、『「豊かで活力ある日本」の再生―Innovation&Globalization―』。榊原氏のサインが付いた序文では、「2​0​3​0年を展望し、望ましい国の形とは何か、また、それを実現するため、われわれはどのように行動し、何を成し遂げなければならないかについて、可能な限り具体的に示した。未来を切り拓くキーワードは、イノベーションとグローバリゼーションです」と宣言した。2​0​1​4年6月に経団連会長に就任後、約半年かけて練り上げた力作である。経団連のビジョ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。