橋下市長が藤井内閣官房参与を「バカ学者」

2015年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

公明党の寝返りで「大阪都構想」が息を吹き返し、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)は凄まじいペースでツイッター発信。5月17日の「住民投票」に向けてボルテージが上がるとともに、ケンカ気分も高揚してきたようだ。1月20日、橋下は突然「大阪都構想に関する職員のメディア対応禁止」を打ち出した。「情報発信の責任者は市長。現場の職員が勝手にあれこれ言うのは許さない」との理屈だが、狙いは市役所内部にくすぶる反対意見の「口封じ」。現場取材を拒否された格好の記者らは収まらない。「情報統制だ」と反発が広がっている。27日には、内閣官房参与の藤井聡・京大大学院教授(都市社会工学)がメルマガで「大阪都構想:知ってもらいたい七つの事実」を配信したのに噛みつき、「バカ学者」「公開討論に応じろ」と猛攻撃に出た。藤井の指摘は「大阪は『都』にはなれない」「今の都構想は大阪市の解 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。