間抜けな「官邸情報機能」

「人質拘束の影響を議論した記憶は一度もない。首相の中東歴訪と結びつく切迫感は、誰にもなかった」(外務官僚)。

2015年3月号 POLITICS [ 隘路にハマる「安倍外交」]

  • はてなブックマークに追加

イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)による日本人人質事件の1人目の被害者、湯川遥菜氏の「頭部切断」映像が公開された時、安倍晋三首相の脳裏には、つい3週間前に見た映画の斬首シーンが蘇って、己の不吉な「予知行動」に人知れず背筋が凍りついたのではないか。衆院選大勝の高揚感冷めやらぬ年末年始を、安倍ファミリーは東京・六本木の高級ホテル「グランドハイアット東京」で過ごした。公表された動静記録によると、連日スパとフィットネスクラブに通い、食事は気の置けない友人や部下らと美食三昧。元日と1月2日は昭恵夫人や母洋子さんらを伴って好きな映画を鑑賞し、3日と4日はゴルフという緊張感のない上機嫌な休暇である。2日に観たのは、米国のスリラー映画「ゴーン・ガール」。主人公の精神を病んだ女は、浮気した夫に復讐のため妻殺しの罪を着せようと企てるが、計画が破綻しかかり、取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。