中国製「ドローン」侵入、ホワイトハウス震撼

2015年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

米首都の中心ホワイトハウスに1月26日未明、小型の無人機(ドローン)が進入した。大統領警護隊などが厳戒態勢を敷き、墜落した機体を確認。フタを開ければ、米情報機関職員の私物だった。深夜に酔っぱらい操縦し、制御不能になったという。外遊中のオバマ大統領夫妻に影響はなかったものの、ドローンが易々とホワイトハウスに侵入できたことは、米政府にとって衝撃だった。大統領は「人への危害を抑制する枠組みが必要だ」と、規制強化の意向を表明した。米国がアフガニスタンやイラクでの対テロ戦争で偵察・対人攻撃に投入したドローン。似たような製品が民間市場でも普及し始めた。アマゾン・ドット・コムはドローンを使った配達「プライム・エアー」の展開を検討し、グーグルも宅配用ドローンの実験を重ねている。しかし、世界の市場を引っ張っているのは米国企業ではなく、2​0​0​6年創業の中国企業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。