地銀に「IRRBB」の時限爆弾

「金利リスク規制」が強化されると地銀は一網打尽。金利が急騰、国債暴落を招く恐れ。

2015年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

国際的な銀行規制のあり方を決めるバーゼル銀行監督委員会から間もなく、銀行界を騒然とさせる規制案が示される。その名称は、「IRRBB」(Interest Rate Risk in the Banking Book)。銀行や信金などの金融機関が銀行勘定(バンキング勘定)で抱えている金利リスクを、自己資本比率の計算に組み入れる規制内容だ。全国銀行協会の平野信行会長(三菱東京UFJ銀行頭取)も昨年4月の就任以来、「私どもが今年重要だと思っているものの一つが、銀行勘定の金利リスクの取り扱い、すなわちIRRBBであり、商業銀行の本質的な使命に対する阻害要因になる」と述べるなど、幾度となくIRRBBを警戒する発言を述べてきた。そのIRRBBが、バーゼル委から3月にも示される見通しとなっているのだから、銀行界がざわめくのも無理はない。メガバンク幹部は、「IRRBBは日本の銀行界にとって時限爆弾のようなもの。銀行経営への ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。