甘利担当相がバラしたトヨタ「下請け叩き」凍結

2015年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

自動車業界が円安を追い風に空前の利益を叩き出している。国内生産3​0​0万台体制から逃れられないトヨタ自動車に加え、海外への生産移転が遅れた富士重工業とマツダの「円安三兄弟」がフルに恩恵を享受した格好だ。自動車業界は、今春闘での2年連続のベースアップはもちろん、消費増税にあえぐ下請け中小企業への還元を通じて、アベノミクスへの貢献を迫られている。特にトヨタは15年3月期の営業利益予想を2.7兆円に上方修正した。過去最高だった前期を4千億円も上回るが、儲けすぎ批判を恐れた「相当保守的な見積もり」とされる。5月に発表される通期決算では3兆円に届くかもしれない。トヨタは、「格差批判」に神経を尖らせる首相官邸を慮り、下請け企業との価格改定で14年度下期に続いて15年度上期も「値下げ要求を凍結する方針」を甘利明経済財政担当相に報告し、機先を制した。トヨタにとって想定 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。