中国「ネット長城」風穴封じの攻防

検閲当局が「サイバー空間主権」を振りかざしVPNを遮断。だがハッカーも黙っていない。

2015年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

サイバー空間に中国政府が築いた「ネット長城」をめぐる攻防戦が白熱している。「外国のVPNサービスが中国で利用不能に」――。1月23日、中国の時事タブロイド紙「環球時報」の英語版ウェブサイトがそんな記事を掲載。海外に本拠を置くVPN業者のサーバーに対し「グレート・ファイアウォール」(GFW)が中国からのアクセスを遮断したと報じた。同記事はさらに、「当局はVPNサービスが『サイバー空間主権』に与える影響を看過できない」という中国のサイバーセキュリティ専門家のコメントを引用。環球時報は中国共産党の機関紙「人民日報」の系列紙であり、わざわざ英語で記事を出したのは、GFWに風穴を開けようとする“外国勢力”への警告と受け止められている。

9千万人が「壁越え」?

ここで解説が必要だろう。GFWは、中国政府が国内と海外の通信ネットワークの接続ポイントに設置した検閲システムの“通称”だ。中国ではグーグル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。