外資主導で「不動産バブル」発火

超低金利と円安で「日本買い」。品薄で利回り低下、地方拡散と、はや黄信号が点滅するが。

2015年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「安邦が1千億円級の物件を探している」ある不動産業界関係者はこう打ち明ける。「安邦」とは、中国の安邦保険集団のこと。昨年10月に米国の最高級ホテル、ウォルドルフ・アストリア・ニューヨークを19億5千万ドル(約2​3​2​2億円)で買収して話題をさらったばかりだ。目下、世界最強クラスのプレーヤーが、いよいよ日本の不動産買いに打って出る。安邦だけではない。昨年10月にはソブリン(政府系)投資ファンドの雄、シンガポール政府投資公社(GIC)が、東京駅八重洲口近くの超高層ビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」(オフィス部分)を1​7​0​0億円で買収した。2​0​0​6年にダヴィンチ・アドバイザーズが2千億円の高値で取得、ダヴィンチ破綻後は米ファンドを経てGICが家主となった。「正直言って1​7​0​0億円で売れるとは思ってもみなかった。相場からすれば少なくとも2​0​0~3​0​0億円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。