朝鮮総連会館転売!「濡れ手で粟」の面々

2015年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

転売契約に漕ぎ着けるか否か、紙一重の状態だった。朝鮮総連中央本部が入る朝鮮中央会館(東京都千代田区)の土地・建物の所有権が1月28日、売却価格約44億円でマルナカホールディングス(香川県高松市の不動産会社、以下マルナカHD)からグリーンフォーリスト(以下グ社)へ移転した。同日付で朝鮮総連系の白山出版会館管理会を債権者、グ社を債務者とする50億円の根抵当権が設定された。グ社が総連と会館の賃貸契約を結ぶ方向だ。白山出版会館管理会は、総連系団体が入居する朝鮮出版会館(東京都文京区)を管理し、同会館は1月23日に大阪市の不動産会社に約17億円で売却された。この17億円が、グ社の購入資金44億円の一部に充てられた。そもそも朝鮮中央会館問題は朝銀信用組合の16組合の破綻処理に1兆数千億円の公的資金を投入後、RCC(整理回収機構)の手元に約6​2​7億円の債権が残り、その回収と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。