GPIFに根本的「欠陥」

130兆円の年金運用が危うい。根の深いこのバトルは、そもそも厚労省の制度設計の過ちが元凶なのだ。

2015年3月号 BUSINESS [日本の年金「構造問題」]

  • はてなブックマークに追加

本誌前号の「『1​3​0兆円GPIF』某重大事件」を読んで、相変わらずだなとため息が出た。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人、旧年金福祉事業団)の組織見直しで、首相官邸と塩崎恭久厚生労働相が対立しているというのだ。こういう記事は局所戦を描いたモノだが、その背景にある大局的な大問題を知れば、もっと見通しがよく理解できる。実は、筆者が大蔵省官僚の時、厚生年金を運用する旧年金福祉事業団を担当していた。その前には、厚生年金基金の運用も担当していた。そのころから筆者が感じていた「日本の年金に関わる構造問題」を知らずに、今のGPIF問題はとても語れないと思う。

公的・私的年金まぜこぜの無理

まず、問題点を明らかにしておこう。▼問1 GPIFの株式運用見直しは大きな話か?運用資産1​3​0兆円で株式運用比率を12%から25%へと引き上げたが、これはせいぜい十数兆円の買い増しである。日本の株式時価総額5​0​0 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。