国家戦略特区「店ざらし」の反目

アベノミクスに虫がわく。国と地方が不協和音。海外では首相随行企業に贈賄疑惑も。

2015年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

株価乱高下や経済指標の悪化など、先行きを不安視する声も出始めたアベノミクスに“悪い虫”がわいた。成長戦略の目玉となっている国家戦略特区構想が遅々として進まない。国家戦略特区は安倍晋三首相の主導で転がり始めたプロジェクトだが、役所間の不協和音が聞こえてくる。戦略特区の指定区域は「国際イノベーション」の東京圏と「医療イノベーション」の関西圏のほか、農業分野の新潟県新潟市と兵庫県養父市、観光分野の沖縄県、そして創業支援の福岡県福岡市。報道ベースでそれぞれが政府から区域計画の認定を受けるなど、スタートに向けて着実に進んでいるかに見えるが、内実は必ずしもそうではない。

福岡市と経産省の角逐

日本人がシリコンバレーで立ち上げたソニックスは高周波を用いた産業用機械向け計測器を開発するハイテクベンチャー。通信や医療、セキュリティその他と用途が広く、この分野で優位性を確保して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。