米経済に追い風「キューバCOSTCO革命」

2015年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

オバマ米大統領は1月、キューバとの国交正常化交渉に乗り出した。これまでのキューバを孤立させる政策は「時代遅れのアプローチだった」と断言し、経済制裁の緩和に向かう。2​0​1​5年中に両国は大使館業務を再開する見通しだ。対中東・ロシア外交に苦悶するオバマ大統領は膝元のカリブ海で、現代史にレガシー(遺産)を残すことになる。国交正常化により、米経済界にとっては、フロリダ州の1​5​0キロ先に人口1​1​0​0万人超のフロンティアが誕生する。民間研究所の分析では、期待される輸出額は年間43億ドル。覇者なき国際政治の時代「G0(ゼロ)」を予見した稀代の戦略家、イアン・ブレマーは「キューバは“CASTRO(カストロ)革命”ではなく“COSTCO(米量販店コストコ)革命”を迎える」との見方を紹介した。米国にとって社会主義国家のキューバは、カリブ海という喉に突き刺さったトゲだった。1​9​6​1年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。