マルナカHDが目論む「朝鮮中央会館」の転売

2015年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

素直に引っ越すのか、それとも仲介者を挟んで買い戻すのか。在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)指導部が悩むのは、朝鮮総聯中央本部が入る朝鮮中央会館(千代田区富士見町)――。その土地・建物の所有権が2​0​1​4年11月25日、マルナカホールディングス(香川県高松市、マルナカHD)に移転した。同社は落札価格22億1千万円で購入を完了させ、今後、朝鮮総聯に立ち退きを迫る。昨年の総選挙投票日の直前、朝鮮総聯の局長級幹部が引っ越し先として有力な朝鮮出版会館を下見に訪れ「(総聯)中央が来たら忙しくなる」と出版会館関係者に伝えたという。朝鮮出版会館は文京区白山4丁目の白山通りに面し、地上13階、地下1階建ての茶色いビル。朝鮮総聯機関紙の朝鮮新報を発行する朝鮮新報社の本社が同会館内に入る。土地.建物の所有者は朝鮮出版会館管理会で、朝鮮総聯の持ちものだ。根抵当権が01年に外れ、まっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。