朝日+読売で「114万部激減」パニック

もはや止まらぬ「新聞紙離れ」。尾を引く「誤報問題」に加速する「押し紙」整理。痩せ衰える新聞経営の実態。

2015年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「新聞紙離れ」が止まらない中、日本新聞協会がまとめた2​0​1​4年(10月現在)の日刊紙の総発行部数は4​5​3​6万2​6​7​2部と、前年比1​6​3万部の大幅減となった。減少は10年連続で、幅は過去最大。しかも全ての地区で減っている。日本ABC協会が発表した14年11月現在の販売部数も、3​9​6​4万5​3​7​5部で前年同月比1​6​1万部マイナスと似たような結果が出た。ABC部数で目を引くのは、朝日と読売の二大新聞合わせて1​1​4万部減と、全体の減少分の7割超を占めている点だ。これは今までになかった現象だ。有力紙の販売関係者は、朝日の慰安婦など一連の誤報問題の影響に加え、14年4月の消費税増税をきっかけにいわゆる「押し紙」の整理が急速に進んでいることが激減の要因とみている。15年は新聞各社の本当の姿が現れる年となりそうだ。

朝日は560万部死守?

新聞協会の部数調査は、加盟する1​1​7紙を対象に毎年実施している。新 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。