高倉健死して「任侠」の幻消ゆ

東映「俊藤美学」を最後まで公私ともに演じたが、暴力団構成員はピークの3分の1を割る。

2015年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

高倉健、菅原文太の2大スターが相次いで亡くなり、テレビの追悼番組、週刊誌の特集記事が今も続いている。「健さんモノは売れる」(雑誌編集者)という。今や60代が読者の中心層になった週刊誌にとって、高倉健のストイックな役柄と公私の判別がつかない生きざまは、読者の共感を得やすい題材なのである。2​0​1​3年11月3日、高倉は文化勲章の親授式後の記者会見で、「そういう役(前科者)が多かったのに、こんな勲章をいただいて」と述べた。『鉄道員(ぽっぽや)』『八甲田山』といった名作に出演する以前、高倉は東映ヤクザ映画でスターの座をつかんだ。古い映画ファンにとって高倉は、今も傍若無人の敵役に耐え、最後にドスを持って切り込みに行く「任侠の人」なのである。任侠映画のスタイルを築いたのは、東映プロデューサーの俊藤浩滋だった。戦前から賭場に出入り、山口組が今のように隆盛を極 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。