政府地震調査委が 「一都四県が危ない」

都道府県庁所在地別の地震発生確率の首位は横浜、2位は千葉。都庁のある新宿も前回予測の26%から46%に跳ね上がった。

2015年2月号 LIFE [「防災・減災」待ったなし!]

  • はてなブックマークに追加

政府の地震調査委員会は12月19日、日本列島各地の「今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率」を再計算し、発表した。都道府県庁所在地別の発生確率で全国一は横浜市の78%、前回から大幅アップだ。上昇率が最も高かったのは東京(都庁のある新宿区)で、前回の予測26%から46%にほぼ倍増。都心部で地震が非常に起きやすくなっているわけだ。関東圏では水戸市が前回より8ポイント上がって70%、さいたま市は51%で前回が30%だったから、これも発生確率の大幅上昇だ。千葉市も73%と、首都圏各地は軒並み高い確率となった。今回の確率計算は、1千年に1度という東日本大震災が起きたことを教訓に算定方法を改めた。「想定しにくい大規模地震」を考慮した計算は初めてだ。

旧耐震基準の危ない千葉市役所

東日本大震災の影響で日本列島は地震・火山活動が活発化した。地震発生確率が大幅に上昇したのは、大震災の震源域に隣接 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。