司法が縋る「最後のユルフン」

2015年2月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

青色LED開発でノーベル物理学賞を受賞した中村修二カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授は、会見で「日本の司法は腐っている」と批判、物議を醸したことがあった。勤めていた日亜化学工業と特許権の対価などをめぐる訴訟合戦は、東京地裁で2​0​0億円の勝訴、知財高裁では8億4千万円で和解した。大幅減額が不満だったが、弁護士の説得に「腐っている」と口を尖らせながら研究に復帰した。が、おかげで12月10日、ストックホルムの晴れの授賞式に立つことができ、法廷で「研究は無価値」と主張した日亜を見返したことになる。その時の弁護士が「一人一票実現国民会議」の升永英俊氏である。授賞式の5日後、今度は升永氏が前日行われた衆議院選挙の無効訴訟を起こした。こちらも最高裁が09年、12年総選挙に「違憲状態」判決を下しながら「選挙無効」に踏み切れないでいる因縁の戦いだ。0増5減でお茶を濁 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。