全日空がなぎ倒す「スカイマーク」

引責辞任を迫られた西久保はとことん抵抗しているが「大勢は決した」(国交省関係者)。

2015年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨春から火種となっていたスカイマーク(国内航空3位)問題が漸く決着しそうだ。同社は全日本空輸を擁するANAホールディングスグループの傘下に入り、再建を目指すことになりそうだ。そもそもスカイマークの経営問題とは何だったのか――。事の発端はスカイマークがエアバスと(全日空や日本航空でさえ1機も購入実績がない)超大型旅客機「A3​8​0」6機の購入契約(約1​9​0​0億円)を結んだことだ。同社は14年3月期に前払い金として2​6​5億円をエアバスに払ったが、同期末決算で25億円の営業赤字に陥り、「カネがなくなった」(同社幹部)。15年3月期にエアバスに支払う予定の5​0​0億円以上を用立てられるはずもない。社長の西久保慎一(59)はエアバスに6機中4機の購入を解約した上で、すでに製造に入っている2機についても導入延期を申し出たが、エアバスは「大手航空会社の傘下に入ることが契約変更を受 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。