「逆バネ」で生き延びた橋下維新

「全敗もあり得る」と言われた大阪で驚異的追い上げ。「壊滅」の予想を覆し、「善戦」。

2015年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

維新の党は「逆バネ」のおかげで生き延びた。低投票率、安倍自民圧勝の衆院選の中、41議席と公示前から1減にとどめ、選挙中盤まで「全敗もあり得る」と言われた大阪では終盤の驚異的な追い上げで5勝9敗にまで押し返した。松井一郎幹事長(大阪府知事)は「土俵際で残った。統一地方選でもうひと勝負できる」と安堵の表情だが、橋下徹共同代表(大阪市長)は「完敗だ。維新の党や僕に対する信任がなかった」と苦い顔だ。候補者の中には「風のない中で、自公の圧倒的な力を感じた」と語る者もいる。直前の「出馬断念」をはじめ、橋下、松井が引き起こす混乱に民意は冷めている。「維新はうんざり」から「自公に勝たせ過ぎたらあかん」に振り子がふれる僥倖で「壊滅」は免れたが、本拠地・大阪の覇権を自公に奪われ、大阪都構想の復活の展望は立たない。次は統一地方選。維新の正念場はこれからだ。

関心を失った無党派層

2年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。