「逆石油ショック」日本に慈雨

サウジの減産拒否で、ロシアやイランなど新興資源国は窮地。米国には願ったりで、日本もその恩恵に浴す。

2015年1月号 BUSINESS [原油急落の地政学]

  • はてなブックマークに追加

14年の秋口に入ってから原油価格が急落している。秋(Fall)の急落(free fall)だから、「フォール・イン・フォール」とも称する。原油急騰を「オイルショック」というなら、この急落は「逆オイルショック」と呼ぶべき国際経済のどんでん返しだ。米国で取引される代表的な油種であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の相場は12月12日、ついに1バレル=60ドルの大台まで割り込んだ。夏場には1バレル=1​1​0ドルも指呼の間だったのだから、今昔の感が強い。今は投げが投げを呼ぶ潰走状態となっている。最も旬な話題は、制御不能な原油安が米国の金融市場を揺さぶっていることである。エクソン・モービルやシェブロンなど大手石油会社(メジャー)の株価が大幅安になっている。それは確かだが、石油メジャーには経営体力もあるし、自己資本も厚い。それよりも深刻なのはジャンクボンド( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。