主要149誌「実売部数」大公開! 消える雑誌、残る雑誌

前年同期比で8割(118誌)が部数減。経済誌の雄や人気女性誌の凋落が著しい。

2015年1月号 LIFE [干上がる雑誌市場 門外不出!ABCデータ]

  • はてなブックマークに追加

情報通信革命のトップランナーの孫正義ソフトバンク社長は2010年の「新30年ビジョン発表会」で、30年後、紙の新聞、雑誌、書籍はほぼ100パーセント消滅していると明言した。紙媒体は、情報を乗せる器としての役割を終え、インターネットなどの電子媒体に取って代わられる運命にあるというのだ。その予言が当たるとは思えないが、確かに紙媒体を取り囲む環境は年々厳しさを増している。とりわけ雑誌・書籍は深刻だ。出版物の販売額は1996年の2兆6564億円をピークに減り続け、13年は1兆6823億円まで減少した。わずか7年で37%もの売り上げ減だ。しかも14年4月の消費税8%増税が大きく影響。14年上期(1―6月)は前年同期比5.9%の売り上げ減、7月以降も改善の兆しはなく、14年下期(7―12月)も大幅減の見込みだ。「特に11月が悪い。男性週刊誌のほとんどが実売率(発行部数に対する実際に売れた部数の割合 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。