「エイズ連続強姦魔」に懲役23年

エイズに罹った49歳の男が20代女性5人を次々にレイプ。被害者は無期懲役を望んだが――。

2015年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

あまりに卑劣な事件は、新聞やテレビでほとんど報道されないらしい。エイズウイルス(HIV)に感染した男が5人の女性を次々にレイプした事件は、まさにそんなケースだった。男は懲役23年の判決を言い渡され、確定した。本誌が事件と裁判の経過を詳しくお伝えする。男は住所不定、無職三木英夫(49)。2​0​1​2年7月から11月にかけて、神奈川県の横浜、相模原、藤沢、大和各市内で、いずれも20代の女性計5人の自宅に侵入し、強姦したうえ、現金や下着などを盗んだとして起訴された。5人のうち1人は負傷し、彼女に対する強姦致傷罪と残る4人に対する強姦罪のほか、窃盗や住居侵入の罪にも問われた。捜査関係者によると、夜中などに鍵のかかっていない玄関や窓から忍び込み、就寝中や入浴中の被害者の口をいきなりふさいで「騒ぐと殺すぞ」などと言って脅し、レイプする手口。目隠しをしたり、タオルで首を絞 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。