弱者苛め「ドコモ光」セット割

「サービス卸」と抱き合わせで業法の規制かわし。CATVやプロバイダー業界が悲鳴。

2015年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

NTTドコモは、光回線と携帯電話と抱き合わせた割り引きサービス、通称「セット割」(正式名称「ドコモ光」)を2​0​1​5年2月から開始すると発表した。セット割は、NTT東西が他事業者に光回線を卸売りする「サービス卸」と携帯電話回線を組み合わせて実現する。14年度7~9月期の決算は、大幅な減益で通期業績予想を下方修正するなど不調が続くなか、ドコモとしてはこの新サービスで巻き返しを目論んでいる。ただ、NTTグループ以外の通信事業者は猛反発。セット割は電電公社独占の「暗黒時代」回帰の始まりだというのだ。ドコモとしては、セット割を切望する理由がある。12年の3月からKDDIが、固定回線とスマートフォン(スマホ)を組み合わせ、最大で月額1​4​8​0円(現在は1​4​1​0円)を割り引くセット割(auスマートバリュー)を開始。転入超過記録の連続更新やスマホシフト促進など、その後の好調業績の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。