「そは 水の音 風の戯れ」の代表幹事

2015年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

財界三団体の一つ、経済同友会の代表幹事に小林喜光・三菱ケミカルホールディングス社長(68)が就く人事が決まった。2​0​1​5年4月からは榊原定征・経団連会長(東レ会長、71)、三村明夫・日本商工会議所会頭(新日鉄住金相談役、74)の財界スリートップ体制となる。いずれも安倍政権に近く、論客揃いという久々の実力財界である。小林は東大理学部出身の博士。イスラエルのヘブライ大学、イタリアのピサ大学への留学を経て、三菱化成工業(現・三菱化学)に入社した変わり種。研究開発部門出身から初の三菱ケミカル社長となった。光ディスク事業を立て直し、三菱レイヨンとの合併を主導するなど実力経営者でもある。第2次安倍政権になって、安倍氏と関係が悪化していた米倉弘昌・経団連会長(当時、住友化学会長、77)を差し置き、小林は経済財政諮問会議の民間議員となった。14年9月には榊原が、経団 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。