電通の「FIFA利権」落ち目

ソニーのトップスポンサー辞退に続き、「トヨタカップ」でもエージェントから外れる痛手。

2015年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

電通は長く国際サッカー連盟(FIFA)のマーケティング部門の一翼を担い、強固な協力関係で両者は蜜月を謳歌していたはずだったが、盤石にみえたこの関係に変化の兆しが出てきた。電通はこれまで、FIFA が主催するサッカークラブ世界一を決める「FIFAクラブ・ワールドカップ」(通称トヨタカップ)の試合を手配する「マッチ・エージェント」と、各試合のチケットの売り上げなど収支に責任をもつ「プロデューサー」を兼務し、FIFAに対し影響力を行使してきた。そのため、トヨタカップは「電通のFIFA利権の源泉」とも言われてきた。ところが、電通は2014年12月末で片方のマッチ・エージェントの座を失う可能性が出てきたのだ。スイスのチューリヒにあるFIFA本部の幹部によると、FIFAは12月、電通とトヨタカップ契約の8年間延長で合意する見込みだが、「電通はエージェントではなくプロデューサーとして、FI ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。