住友商事「シェール大失敗」の戦犯

テキサスでなぜ1700億円もドブに捨てたのか。貝のように口を閉ざすのは、もう一つ「巨大不良債権」があるからだ。

2015年1月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

11月28日、住友商事が中堅幹部以上を集める主管者会議を開いた。シェールオイルなどの投資の失敗で突然、今期2​4​0​0億円の減損損失を発表した9月29日からすでに2カ月。次期中期経営計画を3年計画にする構想を発表しただけで、名ばかりの茶番劇に出席者の多くが鼻白んだ。住商は2​0​1​9年度に創業1​0​0年を迎える。中計は13~14年度の「BBBO(Be the Best, Be the One) 2​0​1​4」までで、創業1​0​0年まで5年間の空白がある。巨額減損の後に立て直し戦略を出すと思いきや、スキップしたのだ。本誌は新収益目標などを問い合わせたが、広報部は「回答を控えさせていただきます」と仮死状態だった。すべては「戦犯探しはやめよう」と経営責任に蓋をする中村邦晴社長の往生際の悪さに帰着する。本誌が戦犯を探してさしあげよう。今回の減損は資本の10%を毀損する規模で、従来、15年3月期連結純利益予想を前 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。