ハッカーが嫌う「ソニーの体質」

サイバー攻撃を受け、社内機密や未公開映画が流出。なぜソニーは「ハッカー」に狙われるのか。

2015年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

またしてもソニーが「悪意あるハッカー」の餌食となった。米国時間の2​0​1​4年11月24日、カリフォルニア州に本社を構えるソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)社内のPC画面に、赤い骸骨と共に「#GOPがハックした」「我々は重要な機密を含むすべてのデータを入手した」「11月24日のPM11:00GMTまでに要求が容れられなければデータを全世界に公開する」という脅迫メッセージが突如浮かび上がった。そして社内ネットワークがダウンし、全社員がPCを使えない状態に陥る。同社が映画宣伝などに用いている複数のツイッターアカウントも乗っ取られ、やはり#GOPの名で脅迫文や画像が投稿された。GOP(ガーディアンズ・オブ・ピース、平和の守護者)を名乗る犯人の「要求」が何だったのかは明らかにされていないが、SPEはそれに従わなかった模様で、期限後まもなく大量のファイルがネットに公開され ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。