住商泥沼「アンバトビー」の現実

世界最大級のニッケル鉱開発が誤算ずくめ。政情不安と市況悪化のアフリカ・リスク。

2015年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

サルのアイアイやキツネザルの楽園として知られ、のどかな田園地帯が広がるアフリカの島国、マダガスカルで、住友商事が世界最大級のニッケル鉱の開発・製錬事業「アンバトビー・プロジェクト」に着手すると発表したのは2​0​0​7年8月だった。当時、圧倒的な価格競争力を見込まれ、住商のキャッシュ・カウ(金の卵)になるはずだった。誤算は一体どこで生じたのか――。まず09年に政変が勃発し、外資優遇策に見直しが入ったことがある。追い打ちをかけたのがリーマン・ショック後の商品相場低迷で、開発のオペレーターであるカナダの大手鉱山会社シェリット・インターナショナルの業績が悪化した。ニッケル価格も07年5月の過去最高の1ポンド(4​5​4グラム)24ドルから09年3月には4ドル台に暴落した。これらの事業環境の急変で、住商は予想だにしないリスクを背負い込むことになった。アンバトビーは当初、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。