詐欺まがい円安・株高誘導策

日銀総裁をまるで老舗の問屋の大番頭にしたようなアベノミクス。そろそろ怒らないと危ないぞ!

2014年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

月の丸いのは一夜だけ、とかねて安倍晋三クンに警告してきた。彼はずっと満月が続くと勘違いしていたようだ。無理もない。誰も本当のことを言わないからだ。よく考えてみれば、一夜だけにしろ、ほんとうに月が丸かったのかどうかも疑わしいのだ。アベノミクスとは魔法の経済政策などではなく、大阪・阿倍野のお好み焼きのことにすぎなかったのだ。3本の矢のうち1本目、2本目はいいが3本目が問題とわけ知りの専門家はいっていた。それもウソで、1本目、2本目も見せかけのデフレ脱却、円安・株高誘導策にすぎなかったのだ。この先を予測すると背筋が寒くなるが、仕方がない。

政界と芸能界に善意の人はいない

初めに断っておく。この稿の升目を埋める作業をしているのは11月上旬で、10、11両日の北京で行われるAPEC首脳会議、16日の沖縄県知事選と17日の今年7~9月のGDP速報値の発表という重要な日程の前である。これらの結果によっては ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。