橋下VS桜井「在特会」、罵声対決の裏側

2014年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

10月20日、大阪市役所での橋下徹大阪市長と桜井誠・在日特権を許さない市民の会(在特会)会長の対決。ネットで生中継され「酔っ払いのケンカのよう」と大顰蹙を買ったが、間の悪いことに、同じ日、維新の統一地方選候補の中に元在特会メンバーがいることも表面化し、困惑が広がっている。橋下「お前なあ」桜井「お前って言うなよ!」橋下「うるせえ、お前!」――。カメラの前で立ち上がり睨み合う二人。「大阪で差別表現は許さない。きちっと言ってやる」と橋下が乗り出した直接対決だが、双方の罵声の中、10分足らずで橋下が席を蹴り、肝心のヘイト・スピーチを巡る議論は成果なし。だが桜井は、対決のテーブルに置いた新著の売り上げが急伸し「Amazon、楽天のダブル1位を達成」とはしゃぐ。「良い朝鮮人も悪い朝鮮人も殺せ」「ガス室に送れ」と強烈なヘイト・スピーチを繰り広げる在特会の宣伝を許し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。