中国「法治」は冤罪再審が試金石

四中全会で180項目の改革案。劣化した司法の再建で、地方の面従腹背を引き締め。

2014年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

10月20日から23日にかけて、中国共産党の重要政策を話し合う四中全会(党中央委員会第四回全体会議)が北京で開催された。討議のテーマは「依法治国」(法による国の統治)。最終日に採択された決議は約1万7千字に及び、1​8​0項目を超える司法改革案が盛り込まれた。今回の四中全会に関して西側メディアが最も注目したのは、習近平政権が「法治」と「党の指導」の関係についてどんな見解を示すかだった。中国の最高法規である憲法の前文には、「共産党の指導による国家建設」が明記されている。このため、共産党は法の制約を受けない超越的存在なのかどうかや、党権力の暴走をどう防ぐかなどについて、中国内外の専門家の間で長年論議が続いていた。習政権はこの論議に一つの結論を出した。四中全会決議は「党の指導は中国の特色ある社会主義の本質的特徴であり、社会主義法治の根本的保証である」とし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。