北極圏開発に対ロ制裁の「逆風」

レイキャビクの「北極サークル」会議に日韓も参加したが、原油急落などで冷水を浴びた。

2014年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

10月31日、冷たい海風が吹くアイスランドの首都レイキャビクで、北極圏に関する最大の国際会議「北極サークル」が開かれた。地球温暖化に伴い、地下資源や新航路の開発などの「最後のフロンティア」として注目を浴びているため会議は盛況で、世界40カ国・機関から1​4​0​0人が集まった。2回目にあたる今回、日本や韓国、シンガポール、フランス、イギリスなどの非北極圏諸国も公式代表団を送った。会議冒頭、アイスランドのオーラブル・グリムソン大統領は高らかに語った。「何世紀にもわたって孤立し、世界に知られることのなかった北極地域が今や国際舞台となった。これはこの地域が、全ての大陸と国にとって重要であることを映し出している」

ACオブザーバー国参加

会議場で「このサークルは北極評議会(AC)や北極当局高官、専門家らと協力し、意見を交換するには絶好の機会」と韓国海洋水産開発院極地研究所のキム・ジ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。