ホンダ「リコール多発」の元凶

5度のリコールは「人災」。発売前から不具合が予想されていた。開発期間とコストの圧縮を命じた社長の責任は重い。

2014年12月号 BUSINESS [ 怒りっぽい「裸の王様」]

  • はてなブックマークに追加

ホンダが2​0​1​5年3月期の中間決算と、通期業績見通しの下方修正を発表した翌日(10月29日)の株式市場にショックが走った。ホンダの株価(終値3​3​0​4円)がスズキ(終値3​3​3​8円)の後塵を拝したのだ。「ホンダの株価がスズキに負けた記憶はない」と、アナリストは口を揃える。ホンダの今期の業績見通しは、第1四半期決算発表時と比べて、売上高は5​0​0億円減の12兆7​5​0​0億円、純利益は3​5​0億円減の5​6​5​0億円になった。海外生産移転が進んだホンダの輸出比率はわずか約4%。円安の追い風を享受できず、過去最高益が相次ぐ自動車大手の中で「一人負け」。輪をかけて小型車「フィット」の度重なるリコール(回収・無償修理)が痛手だ。「ホンダはアメリカの会社」と評されるほど北米市場でブランド力があったが、それも過去の栄光でしかない。14年4月~9月のホンダの北米での四輪車販売台数は前年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。