巨額特損「トクヤマ」、東ソーと統合が現実味

2014年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ポリ(多結晶)シリコン大手のトクヤマが存亡の危機だ。グローバル戦略の決め手と期待されたポリシリコンのマレーシア生産計画が頓挫し、中間期で8​6​0億円の特損を計上。株価は2​3​0円台に暴落した。今期売り上げ予想3090億円の同社にとって有利子負債残高2​6​4​0億円はあまりにも重い。頼みの太陽電池事業に赤信号が灯り、2​0​1​8年の創業百年を前に、M&Aによる生き残りを模索する外ない。トクヤマは半導体ウエハー材料であるポリシリコン市場で世界シェア20%を持つ大手。先細りを脱するため、高成長が期待される太陽電池向けポリシリコンへの本格参入を目指して09年に、マレーシア・サラワク州への工場(PS-1)進出を決め、11年に着工した。ところが太陽電池向けポリ相場の想定外の下落から12年に急きょ計画を変更、半導体用ポリシリコン工場へと衣替えした。昨年から試運転を開始したが、あろう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。