株価が怖い「シャープ中間決算」

実現性の乏しい業績見通しをイケシャアシャアと公表し、日経新聞を駆使した「誇大」広報を繰り返している。

2014年12月号 BUSINESS [日経使った「誇大」広報]

  • はてなブックマークに追加

10月末に電機大手8社の2​0​1​4年4~9月期決算が出そろった。ソニーが主力と位置付けていたスマホ事業で約1​8​0​0億円の巨額損失を計上。上期としては5年ぶりの営業赤字に転落したため、「一人負け」の様相を呈しているが、その背後に「負け組」が息を潜めている。シャープだ。シャープの連結当期純損益は47億円の黒字。前期は43億円の赤字で、4年ぶりに中間黒字を計上したと強調した。経営危機から脱し、再建がそれなりに進んでいるかに装うが、内実はお寒い限り。本誌14年9月号で指摘したように、1​9​2億円の訴訟引当金戻し入れ益の計上によって、かろうじて水面に鼻を出したに過ぎない。

「ルネサス株」を泣く泣く手放す

4~9月期を最終黒字にするための苦心惨憺が窺える。まずはパイオニア株の売却だ。07年、シャープはパイオニアの第三者割当増資を引き受け(4​1​4億円を出資)、筆頭株主に就いた。ところがこの資本業務提携はほ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。